一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

妊活(子宝)サポートのこと②

当院でしている妊活(子宝)サポートについて、
具体的にお話していきます。


書きかけの状態でupします。

整体師だからこその視点で、伝えたいことをメモ書きしています。
というより、整体師のひとりごとですね。


ことばを選んで書いているので完成するまでに時間がかかります。

雪が積もれば雪かきのためもう少し遅れます…。


できるかぎり急ぎますので、期待して待っていてください(*^^*)


…と思っていましたが、このメモ書きのまま終了します。

順番に、伝えたいものからお伝えしますね。


① 骨盤調整

  毎日のくせ・長年のくせで骨盤がゆがむと…

  ・ 骨盤の中にある子宮や卵巣の位置がずれてしまう
   → 子宮や卵巣の機能低下
     生理痛(月経困難症)・月経前症候群・生理不順
     婦人科疾患(子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫) の原因になるかも

  ・ 骨盤の中にある血管やリンパ、腸が圧迫される
    → 冷え・便秘・むくみの原因になるかも
      からだが温まらない、身体の毒をため込んでしまう

  骨盤調整をすると

 ・ 骨盤の中にある子宮や卵巣の位置が本来の場所に戻る

 ・ 骨盤の中にある血管やリンパ、腸の圧迫がなくなる

   → 子宮や卵巣の機能が回復する
      月経にともなう不調が改善する
      婦人科疾患の予防・症状改善に作用する
      血液が流れからだが温まる
      身体の中の毒が排出されるようになる

   → 妊娠しやすくなる


妊娠前の骨盤調整と、妊娠中の子宮の位置・分娩時や産後の骨盤の関係。
骨盤を締めることにこだわると、動かなければならないときに望ましい動きができなくなる。
 (動かなければならないとき:分娩時、分娩後、月経時)
下着やベルトで固めると、筋肉が弱る。
骨盤底筋や下半身の筋肉が弱っていることに気づいてほしい。


② 内臓調整

薬やストレス、食べものによって疲れている内臓を元気にする。
妊娠するためにはたらく内臓へ、必要なエネルギーを届ける。
妊娠→着床→出産のために、まずはあなたが健康であることが大事。
赤ちゃんがよろこぶあたたかくて大きくなる子宮になるために。
いい状態の身体で妊娠→出産することはこどもの身体にもいいのでは?
体外受精された方の出産率が約1割であることを、どう考えますか?


③ 自律神経のバランスを整える

ホルモン分泌、ストレス、体温調整、睡眠に対応する。
緊張から解放される感覚を感じ、それが当たり前になるように。


④ こころのケア

生理痛、頭痛、便秘は当たり前ではないことを知ってください。
人のことばに振り回されていませんか?
妊活のためにやっていること、違和感があれば立ち止まり見直す勇気も必要です。
女性だけの問題ではありません。
ひとりで抱えこまずに、助けてもらいましょう。


⑤ 食事のはなし

すべてを見直さなくてもいい。
まずは、どれかひとつはじめてみませんか?

食べ過ぎ・飲み過ぎをやめる。
背中や腰が重い人は、一食抜くと楽になるかも。
甘い物の摂りすぎはよくない。
調味料を見直す。
マーガリンをやめる。
油を見直す。
「まごわやさしい」を意識する。

| 妊活(子宝)サポートのこと | 2017-01-23 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

暴風雪警報が出ているそうです

雪が降り、雪が積もり、

腰が痛い、背中が痛い、

「そういえば、雪かきしたっけ?」

とおっしゃる方がようやく落ち着いてきました。


ただいま暴風雪警報が出ている舞鶴。

寒い日が続きます。


今、手や足の指、足首を触ってください。


冷たくありませんか?


ご自分が冷えていることを
わかっていない人がたくさんいらっしゃいます。


眠っても疲れの取れない方、
眠りの浅い方、

冷えていることを認めてしっかりあたためるようにすると、

ぐっすり眠れて快適に起きることができるようになりますよ。


北窓_170104

パッチ_170104 人形_170104


かるた_ち_170104 ← 『 ちょっとだけのつもりが もう起きられない 』


今冬はまだ聞いていませんが、
毎年こたつで寝てしまって
背中や腰が痛いという方がいらっしゃいます。


ついついやってしまう気持ちはわかりますが…、

その痛みそのときだけの痛みで終わらないかもしれません。


疲れたときほど、

お身体大事に扱ってくださいね。


| 当院の北窓から | 2017-01-20 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |