一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

一番うれしいことは何ですか?

先日、「 こういうのを 『 真心 』 っていうんだろうな… 」 と感じることがありました。


 真心 … 他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。
                                  ( 大辞林 第三版 より )

その真心を受けとったのは私ではありませんが、その場に居合わせて深い感動を覚えました。


『 思いやり 』 とか 『 心配り 』 なんて言葉もありますが、次元が違うものだと思います。


そののち、ふと 『 おもてなし 』 という言葉が頭に浮かびました。

昨年流行語大賞になりましたが、私も以前から使っている言葉です。


『 もてなす(持て成す) 』 に 丁寧語の 『 お 』 をつけただけの言葉なのですが、
元々の意味からどんどん進化をしているように思います。


もし 『 おもてなし 』 が見返りを求めない心のこもった接遇(相手への対応)であるのであれば、
『 真心 』 があってはじめて成り立つものなのかもしれません。


そういう 『 おもてなし 』 がスッとできると、いいですね…。


インターネットで気になる言葉を検索していると、どこまでも情報がつながっていきます。

そして、多くのはじめての言葉に出会えます。


 人生は、よろこばせごっこ
               (もうひとつのアンパンマン物語 やなせたかし氏著 の副題)


気になって、やなせたかし氏の言葉を集めた文庫を入手しました。


 ひとはひとをよろこばせることが一番うれしい。


気になっていた 『 アンパンマンのマーチ 』 の歌詞も確認することができました。

 献身と愛のヒーロー_140628 ← 献身と愛のヒーロー アンパンマン


言葉でも行動でも そこに 『 真心 』 があると、ひとをよろこばせることができるんですね。
スポンサーサイト

| 世の中のこと | 2014-06-28 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

骨模型を使って腰のおはなしを

からだについてお伝えしたいことが、山積みになってしまいました。


今回は、腰痛について。


当院には、腰痛がつらいとおっしゃる方が多くお越しになります。

腰痛を何とかしてほしいとおっしゃっていても、お話をうかがうと

 ・ 腰痛 と 肩こり
 ・ 腰痛 と 肩こり と 頭痛
 ・ 腰痛 と 背中の張り・痛み
 ・ 腰痛 と お尻の張り・痛み
 ・ 腰痛 と 股関節痛
 ・ 腰痛 と 膝痛
 ・ 腰痛 と 足のしびれ
 ・ 腰痛 と 骨盤のゆがみ
 ・ 腰痛 と 便秘

といったように、ほとんどの方が腰のほかにも痛みや不調を抱えていらっしゃいます。


当院では主に

 ・ 関節(骨と骨のつなぎ目)の動きよくする
 ・ 硬くなっている筋肉をやわらかくする  ※あまり圧をかけずに
 ・ 必要があればその他(頭・顔・腹部)の調整
 ・ その方に合った(症状+からだ+性格)簡単なストレッチ&筋トレのお話
 ・ いつもの生活で心がけてほしいことのアドバイス

をしているのですが、最後のアドバイスというのがとても重要で難しいんです。


できるだけ効果の高いものを数少なくお伝えしようと思うと、
お仕事や家事・育児のときの姿勢やからだの使い方のお話になることが多いです。


ですが、実は お家でくつろがれているときの姿勢の影響も大きいんです…。


みなさま、いつもどのようにおくつろぎでしょうか?

 ソファーによりかかっていませんか?
 脚を組んでいませんか?
 床に横座りしていませんか?
 背中を丸めて顎を突き出していませんか?
 長時間ずーっとスマートフォン(携帯電話)を見ていませんか?


いい姿勢が習慣になっている人は 楽にいい姿勢でい続けられるのですが、
残念なくつろぎ方をしている人は いい姿勢をとることがつらくなっていらっしゃるようです。

そもそも、どうすればいい姿勢がとれるのかがわからなくなっている方も多いようで…。


気をつけるポイントは、腰から尾骨(尾てい骨)を床面に対して垂直にすること。
 (『 仙骨を立てる 』 )

お腹をへこませておへそから上を軽く持ち上げる感じに意識をして。

ただし、胸は張らない。  ※ 胸を張って腰を反らすくせについては、また別の機会に


 骨模型①_140617  骨模型②_140617  骨模型③_140617
  左:  × ソファーにドカッと座っている例
  中央: × スマートフォンを長時間見ている例…首や背中も凝っていそうな…
  右:   仙骨を立てている例

 骨模型④_140617
  ↑ 赤丸が仙骨(お尻の真ん中) ここを床面に対して垂直にするのが望ましい
     腰を丸めたり腰を反らすくせのある方は赤丸の上(仙腸関節)がとても硬くなっている
 

“ 仙骨を垂直に ” がよくわからない方は、まずは壁にもたれて座ってみてください。


壁にもたれても仙骨を垂直にできない方は、足を伸ばして股関節をできるだけ大きく開いて
右手で左脚・左手で右脚をそれぞれつかむようなストレッチで(まずは膝、目標は足首)、
骨盤の関節(仙腸関節)や股関節・太腿の裏面を伸ばしてください。

足を大きく開けようとするだけでも、腰痛をやわらげるストレッチになります。


ついつい長くなってしまいましたが、
本気で腰痛を治したい、姿勢をよくしたいという方は、
まずは ソファーを使わないことからはじめていただきたいなと思います。

| からだのこと | 2014-06-24 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

暑中お見舞い申し上げます

と言いたくなるような、真夏の気温が続いています。


みなさま、からだ だる~くなっていませんか?


急激に気温が上がっても、からだの機能は急には夏仕様になりません。

汗をかけない方、一年中からだが冷えている方は、特にご注意ください。


どうか、いつも以上に丁寧な生活を。


先月福島県で着ていたTシャツのことばが書かれたものをいただきました。

 北窓_140531 ← 今回は夜に撮影

  あなたの笑顔で_140531
    舞鶴市のふるるファーム(株式会社農業法人ふるる)の秋安俊豪社長の書


パッチワークの先生からは、6月の飾りものが届きました。
…何?

  かえる①_140531

こちらは、ミニミニタペストリーと昨年別の方からいただいた帽子の飾りもの。

 パッチぼう①_140531 パッチぼう②_140531

先ほどの、もう少し寄るとこんな感じです。

 かえる②_140531 かえる③_140531 ← 10ぴょこぴょこ

先日食べたよもぎの柏餅に似ています… (笑)。

  かえる④_140531


のどの渇きを感じるときには、からだはすっかり水分不足なんだそうです。


熱中症、体温調節の機能低下、お肌の乾燥、ドロドロ血液、筋肉疲労の予防のためにも、
屋内にいても 時間を決めてこまめに水分を摂ってください。


できれば、冷やし過ぎていない飲みものを。

| 当院の北窓から | 2014-06-03 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。