一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一線を超えないよう予防を

寒くなりましたね。


今月は、強い腰の痛みを訴えられる男性が多かったように思います。

痛みの程度はそれぞれでしたが、急激な腰の激痛ということで、
いわゆる 『 ぎっくり腰 』 という状態のように見受けられました。


『 ぎっくり腰 』 って何なんでしょうね。

ドイツ語では、『 魔女の一撃 』 って呼ばれているそうです…。


『 急性腰痛症 』 といって急に起こった腰の痛みすべてを指すなんて話もありますが、
明確な定義はないように言われています。

『 急性筋・筋膜(筋肉をおおっている膜)性腰椎症 』 とか 『 腰椎捻挫 』 とか
起こっているからだの状態で識別されるようですが、
その激痛は椎間板ヘルニアによる痛みであることもあるそうです。

痛みだけでは、識別はむずかしいです。


急激な腰の激痛に見舞われたら、まずは…、動かないでください。


その痛みは、今まで負担を強いられてきた腰からの最終勧告です。

腰の筋肉や靭帯などが、もうこれ以上今までの条件で働きたくないと起こしている
ストライキだと思ってください。

そして、素直にその勧告を受け入れてください。


痛めた後の行動は、その後のおからだにとても大きな影響を与えます。


もし痛む部分が熱くなっているようでしたら冷やすように、と一般的には言われています。
 (二重のビニール袋に一度水にさらした氷を入れ空気を抜く
  痛む部分に15分くらい当てる 熱感がなくなるまで1時間おきに冷やす)


ただ、冷やすことよりも安静でいることの方が大事ですので、
自分で氷を用意しなければならない方は、冷やさずに安静にしていてください。

また、とってもとっても冷え症な方は、腰を冷やすことで全身が冷えてしまうと
別の不調を生じるかもしれませんので、冷やさないほうがいいと思います。


今月お越しくださった方もそうですが、今までにぎっくり腰になったことがあると
おっしゃった方の中には、痛くてもそのまま仕事をしていたという方が少なくありません。

腰が伸ばせなくて “ く ” の字のままお仕事をしていたと…。


お仕事休めないですよね…。


どうしても休めないときには、サポーターでしっかりと腰を固定してください。

可能な限り周りの方に協力をしていただいて、腰を守るように心がけてくださいね。


そのときのつらさが記憶にある方は、腰に違和感を感じたら事前にケアに来られます。

ぎっくり腰になったことのない方でも、
腰の疲労が蓄積するとほんのちょっとしたきっかけでなってしまうと言われています。


長く腰の痛みや張りや重だるさのある方は、痛みが一線を超えないように
いたわって休んだり温めたり(この時点では温めるほうがいい)ストレッチをしたり
姿勢を見直したり意識をして歩くようにしたり の予防をしてください。


もし、激痛後2~3日安静にしていても痛みが楽にならないようでしたら、
まずは整形外科を受診してください。

| からだのこと | 2013-11-30 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

動く10kgはたいへんだ

わたくしごとですが、先日小さなお子さまと遊ぶ機会がありました。


当院には子育て中の女性も多くお越しいただいております。

骨盤のゆがみを整えてほしいというご希望とともに首・肩・背中・腰に痛みがあると
おっしゃる方が多いです。


お話の中でお子さまの年齢と体重をお尋ねし、からだへの負担の度合いを確認しています。

お子さまが10kgぐらいとうかがうと、米袋の重さを想像し、
その苦労が理解できているかのように 「 たいへんですねぇ… 」 と言っていました。


えー。 この度私、大反省しております。


お子さまは、米袋とは違いました。


同じ重さでも、お子さまは、動くし、しゃべるし、ご要望がいっぱいだし、
お気に召さないことがあると 暴れます。


10kgの米袋は、ただ重いだけです。


のんきに 「 10kgの米袋の重さですか、たいへんですねぇ… 」 って言える
ことではありませんでした。


そして、その10kgはまだまだ育ちます。

以前お越しくださった方が、お子さまの体重が増えていくので、
「 毎日ウエイトトレーニング(筋肉に負荷をかけ体を鍛えるトレーニング) をしているよう 」
とおっしゃっていたことを思い出しました。


体力がなくても、疲れていても、痛みがあっても、
抱っこしなくちゃならないときってありますよね…。

2人3人のお子さまがいらっしゃる方も、たくさんおられますよね…。


みなさん、すごいです。

そのひとことに尽きます。


今回、“ お母さん ” のご苦労のほんの一部を体感することができました。


今後の施術と、いたわりとおもてなしの心に生かさせていただきます。


  はっぱ_131104
  ↑ 私の相手をしてくれた10kgより少し軽いお子さまからのプレゼント
    飽きることなく、集中して集められていました
    ほんのしばらく一緒に遊んだだけですが、その後足や腰に筋肉痛が生じました…

| わたくしごと | 2013-11-13 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

“ 神楽月 ” なら楽しそうですよ

☆ 神楽月(かぐらづき) … 陰暦11月の異称


木々の葉が色づきはじめました。

山の色も変わってきました。


日の暮れるのが早くなりました。

これからの季節、寂しくて好きじゃないってお話を耳にすることが増えてきました。


どうすれば、寂しい気持ちは楽しい気持ちになるのでしょうか?

あなたが楽しくなる方法を一番よく知っているのは、あなたです。


何か簡単なことから、はじめてみませんか?


 北窓_131101 ← 紅葉が色鮮やかです


  ペルネチア_131101     ピンクのぶたさん
  ↑ ベルネチアというピンクの実      ↑ “ 幸福の神様 立ちビリケンさん ” にちなみ
    別名: ハッピーベリー            “ 幸福の使者 ピンクのぶたさん ” と命名


今月、当院のある西舞鶴駅前の交差点の一角に新しいお店ができると聞いています。

また、楽しみがひとつ増えました。

| 当院の北窓から | 2013-11-01 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |