一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

残暑の今だから、冷え対策

9月もはや下旬となりましたが、残暑が続きます。


わたくしごとですが、先週 砂浜で花火をしてきました。

9月半ばの夜の砂浜は、風もあり それなりに涼しかったのですが、
久しぶりに手にした手持ち花火の 鮮やかな火花と火薬の香りで、夏気分を堪能しました。

 お声をかけていただき、ありがとうございました。


みなさま、夏のお疲れ たまっていませんか?


季節に限らず一年中疲れているので、今の疲れが 夏の疲れなのか、
季節の変わり目の疲れなのか、いつもの疲れなのか、わからないって感じでしょうか…。


どの季節のお疲れも、その原因はひとつではないと思われます。

今のからだのことを取り上げて、秋から冬のからだのことも考えてみようと思います。


この夏、とっても暑かったですね。

大抵のみなさまは、冷たいものをたくさん食べたり飲んだりなさったことと思います。
そして、朝も昼も夜も 一日中汗をかいていらしたと思います。


9月になっても日中は暑いので、冷たいもの 摂り続けていらっしゃいませんか?

8月の終わりごろから、足がむくむようになったというおはなしをちょこちょこうかがいます。
また、トイレが近くなったかな?とか。


残暑とはいいながら、さすがに 35℃ 近くまで気温が上がるということはなくなりました。
涼しくて過ごしやすい夜も増えてきました。

真夏ほどには、汗はかかなくなっていると思います。 特に夜間は。


汗にならない余分な水分は、尿として体外へ排出されます。

尿は腎臓でつくられます。


汗をかかないのに水分を多く摂り続けるこの季節、腎臓はとっても疲れています。

その水分が冷たいと内臓も冷えてしまいますので、腎臓の機能が低下します。

腎臓の機能が低下して尿がしっかりつくられなくなると、
余分な水分は排出されず、体内にとどまってしまいます。

そして、

 むくみ → 血液循環の低下 → からだの冷え(特に末端)

  ※ さらに腎臓が疲れると、腎疾患や高血圧、高血圧にかかわる疾患になることも…


ということで、今の季節からむくみを予防することが、秋冬の冷え対策になります。

 ・ 水分を摂りすぎない
 ・ 塩分を控える
 ・ 中からからだをあたためる … からだがあたたかくなるものを摂る
 ・ 外から足やお腹をあたためる … 靴下、レギンス、レッグウォーマー、腹巻、入浴、足湯 
 ・ 足を動かす … 歩く、足指の股・足の裏・足の甲・ふくらはぎのマッサージ、
            足指の運動、足首まわし、つま先立ち


   ねこねこ_120918

  あたたかいお茶が 美味しい季節になってますよー。

| からだのこと | 2012-09-19 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ある夏の過ごし方 ②_1208

わたくしごとですが、先日 店を 3日間休みにし、のんびりと過ごしました。


日程を決めた時点では、遠方へ出かけてハードにからだを動かそうと思っていたのですが、
残暑の中、わざわざ疲れることもないだろう… と思い直し、
日ごろやりたいと思いながらそのままにしていたことを、行動に移すことにしました。


 ・ お寺での写経
 ・ 少し贅沢なオイルマッサージ & お顔のエステ
 ・ ひとの少ない屋内プールで 思いっきり泳ぐ


少々地味ではありますが、それぞれに爽快な時間を過ごすことができました。


  青空_120831


そして、私と同じようにひとりで整体業をなさっている女性に会ってきました。


それほど親しくなかったにもかかわらず ( 私からの連絡にかなり驚かれていた )、
快く迎えてくださり、たいへんなもてなしを受けました。

  この場であらためて、お礼申し上げます。 ありがとうございました。


同じ整体業とはいいながら、彼女と私は、いろいろと異なる状況で営業をしています。

私は、田舎で…、テナントの1階を借りて…、老若男女あらゆる方々にお越しいただいて…。

彼女とは、どの状況も一致しません。


状況が異なると、宣伝方法であるとか、営業時間の過ごし方であるとか、
お越しくださる方々への接し方なども、こんなにも違ってくるんだなぁ、と痛感しました。

お越しくださる方々への接し方は、性格の違いによるところが大きいんでしょうけれど…。


そして、お越しくださる方のおつらい症状の傾向も異なります。


いやいや、はなしの弾むこと弾むこと ♪


彼女は、普段はひとの話を聞くことが多いそうで、久しぶりによく話をしたとのこと。


私も、ここまで詳しく誰かに仕事の話をする機会がありませんでしたので、
自分でも驚くぐらいに話していました。


ひとりで仕事をしているため、ひとりよがりで足が地についていないような感覚でいました。

近い境遇の方の話を聞いて、話を聞いてもらって、
一度、自分を見つめなおしたかったんだと思います…。


彼女のお人柄や、お仕事場の空間に触れさせていただいて、刺激を受けました。


そして、強く思ったのが、

「 私も、当院にお越しくださる方に もっとやさしくしよう! 」 です(笑)。


そんな 志(こころざし) もあって、当院では連休明けの 8月末日から、
“ ゆったりまったり ” な BGM が流れています。

 ~ 南の島の海の見えるコテージで 爽やかな風に吹かればがら…、を 疑似体験 ♪ ~


肩の痛み、腰の痛み、頭痛、不眠… などのつらい症状を何とかしたい、
とお越しくださる方が多い当院では、違和感があるかもしれませんが…。


今まで以上に、“ こころの満足 ” も ご提供させていただきます。

| わたくしごと | 2012-09-03 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

’12 毎月第2日曜日は ~ 舞鶴だより

  '12 赤レンガバザール

7月より、舞鶴市役所のお隣の赤レンガパークで、楽しい催しがなされています。


足を運んだことがないので正確なところはわかりませんが、
“ 手作り市 ” のようなもの、かと。
 ( 間違っていたら、ごめんなさい )


雑貨・アクセサリー・こども服・パン・お菓子・飲みもの・お野菜・果物・お花 などなど…


今月より、ブースの募集数を 50店舗とされ、
来週の 9月9日(日) は、まもなく締め切り終了かな? といった状態のようです。


出店なさっておられる方から、オイルハンドマッサージのお店もあったよー、
との情報をいただきました。


日曜日を営業日にしている当院では 出店する予定はありませんが、
お時間のご都合がつきそうで、よろこんでいただけそうな方々に、
細々と紹介をさせていただいています。

店頭・北窓にもポスターを貼り、お持ち帰り用のチラシも設置しています。


足を運ばれる方も 出店なさる方も、楽しくお過ごしください。


そういえば、9月16日(日) には 同じく赤レンガバザールで、

『 こすぷれんが。 』

が なされるとか。


なんば ⇔ 舞鶴 の シャトルバスが発動するほどのイベントのようです。


こちら、10月27~28日 の 『 赤れんがアート&クラフトフェスタ in 舞鶴2012 』 の
プレイベントとして開催されるようなのですが…。


せっかくのイベントです。
事前に周知徹底がなされることを願ってやみません。

| 世の中のこと | 2012-09-01 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

残暑の真っ只中ですけどー

9月になりました。


昨日お越しくださった方が、
「 毎月 月替わりにはバタバタするんですけど、8月から9月は特別な気がします
  季節も変わるからなんでしょうね~ 」
とおっしゃっていました。


ある方は、「 9月になると、もう今年も終わるんだなぁ、と思う 」 とおっしゃっていました。


そのお気持ち、わかります。
私は、お盆明けにコンビニでおでんの姿を見つけると、年末の訪れを感じます…(笑)。


みなさまにとって、9月といえば、何が頭に浮かびますか?


秋といえば? だと あれこれ浮かぶのですが、9月って…、ねぇ。


開院して、ショーウインドウに季節のものを飾ることになったおかげで、
意識をするようになったことがあります。

ひとつは、9月の “ お月見 ” 。


近年、9月といえば “ 残暑 ” が身に染みているのですが…。


しっとりとこころを落ち着けて、お月見気分を味わっていただければと思います。


 北窓_120901

  月見①_120901 月見②_120901

   はうす_120901
      ↑ 9月 何を飾ろうかまったく考えのないときに、友人がもってきてくれました
        小物入れ(?) にもなる “ はうす ”


今月も、舞鶴で催されるイベントのポスターを貼っています。
こちらの案内は、改めていたします。

| 当院の北窓から | 2012-09-01 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |