一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“ 伸びる ” ではなく “ 戻る ” かと

先日、30代前半の女性から、

「 整体を受けると、身長って伸びますか? 」

と お尋ねを受けました。


この質問、ちょこちょこあるんです。


当院では、いろんなところを、引っ張ったりひねったり反らせたり…。

伸ばす手技を多用してますからね。


質問の返答は、「 伸びているかもしれない 」 です。


年齢や運動の有無によって、ひとそれぞれではあるんでしょうけど。

ですが、効果を期待したくなるほどの長さではないと思いますよ。

正確には、縮んでしまったからだが元に戻るだけ、かと思われます。


補足ですが、当院の施術を受けて最も伸びるのは、胴です。 きっと。


お尋ねくださった女性は、近々勤務先で健康診断を受けられるとのこと。

施術を受けていただいた翌日の測定であれば、効果があったかもしれませんねー。


もし、ご興味のある方は、身長を測定する前に、しっかりストレッチをなさってみてください。


  はな_120529

| からだのこと | 2012-05-31 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日のできごと_120530

今朝、勝手口にて珍客発見!


珍客_120530  ← 甲羅の横幅 2cmちょっと の “ 沢がに ” ?


実は、ひと目見たとき、おつまみにある “ 素揚げ ” かと思いました。

素揚げにしては 真っ赤ではないし、つつくと威嚇してくれるし、こりゃ違うなと(笑)。


出勤後、いつものように玄関と勝手口の扉を開放し、空気の入れ替えをしていたのですが…。

いつご来院くださっていたのかは不明。


発見したのが 朝一番のご予約の方がお越しになる直前だったため、まずは身柄を確保。


施術後、その方にお披露目をしました。
 ( 定期的にお越しくださっている方で、一緒に楽しんでいただけそうだったので )


その後、勝手口のそばの排水路の近くへお連れして、釈放( 悪いことしてないのに… )。


硬い甲羅、ほぐしてほしかったのでしょうか?

| お店のこと | 2012-05-30 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

つらさが大きくなる前に…

新しい整体コース を始めることにしました。


当院では、からだの痛みや不調を改善するお手伝いをさせていただいています。

1度のご来院で痛みがなくなったとおっしゃる方もいらっしゃいますが、
すべての方が同様の効果を受けていただけるとは限りません。

ご来院後しばらくは快適に過ごせても、その後いつもと同じように生活をされ、
いつもと同じからだの使いかたを続けられると、元の状態に戻ってしまう なんてことも…。


おかげさまで、当院では、効果を感じて定期的にご来院くださる方が増えています。

そのみなさまには、からだが望む生活習慣と、望ましいからだの使いかたを身につけることで、
少しずつご来院の間隔が長くなってくださることを願っています。


痛みや不調を長くそのままにしていると、
そのつらさは 別の痛みやさらなる不調を招いてしまうことがあります。

 〈例〉 猫背 → 肩こり・首こり → 頭痛
     猫背 → 内臓の不調 → 肌荒れ
     自律神経の乱れ → 不眠 → 精神的な不調
     膝の痛み → 股関節の痛み → 腰の痛み
     冷え → 月経痛 → 生理不順 → 妊娠しづらいからだ  ※ あくまでも一例


また、痛みや不調のある状態を、脳が あなたにとっての “ 正常な状態 ” と
間違えて認識してしまうこともある なんてこともいわれています。


一度、集中してじっくりと ご自分のからだをいたわってみませんか?


あなたの痛みや不調は、お子さまや旦那さまあるいは奥さま、親御さんなどご家族、
恋人、友人、先生、職場の方々…、まわりのみなさまにご心配をおかけてしていると思います。

あなたの大切な人の笑顔のためにも…。


コース内容については、てんてん整体院の Webサイトをご確認ください。


 たんぽぽ_120521
  ↑ 小さな花の “ たんぽぽ ” コンクリートの隙間から自分らしくたくましく咲いていました

| お知らせ | 2012-05-27 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

1年2ヶ月後の風景 (2)_1205

気仙沼市の風景の続き です。


 気仙沼⑨_1205
 ↑ 沿岸部から少し距離があるところだったと思います 1階部分は鉄骨のみに

 気仙沼⑩_1205
 気仙沼⑪_1205
 ↑ 商業地や住宅地かと思われます 頑丈な建物のみが残っているようです
   水たまりは、5月4日に仮設住宅で避難勧告が出されたときの大雨によるもの
   道路と電信柱は、新しくつくられたものです

 気仙沼⑫_1205
 気仙沼⑬_1205
 気仙沼⑭_1205
 ↑ 同じ建物を三方向から 奥から本屋さん・何かしらの販売店?・車の整備屋さん
   奥の2店舗の1階には、壁があったものと思われます
   1番下の写真の手前の土台には、お店か何かが建っていた土台が残っています


未曾有(みぞう)の災害 と言われていましたのに、
報道がなされなくなると、少しずつ記憶が薄れていきます。

今なお おつらい思いをなさっている方が 多くいらっしゃるということを、
復興には まだまだ果てしなく長い道のりがあるということを、
何かしらの方法で これからも復興に協力することができるということを、

忘れてはいけないと思います。



5月6日 の 12:35 が、満月でした。

5日の夜は、月を意識せずに過ごしていました。

6日の夜中、西へ向かうバスの中で、南の空に昇る 美しい月の光を浴びていました。


その数時間後、どこかの東の山に 朝日が昇るのを眺めていました。

 朝日_120507


月はまた昇り、日もまた昇ります。

| 世の中のこと | 2012-05-14 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

1年2ヶ月後の風景 (1)_1205

気仙沼市の風景、移動中のバスの中より。


衝撃的なものはありませんが、震災に関するニュースや映像でこころが苦しくなる方は、
ご覧になるのを控えてください。


 気仙沼①_1205
 ↑ 高台で 風にたなびくこいのぼり

 気仙沼②_1205
 気仙沼③_1205
 ↑ 気仙沼西湾沿岸部(すぐ近くに海) 建物が流され土台のみになってます

 気仙沼④_1205
 ↑ 建物の土台の近く 今回唯一目にした、がれきの山

 気仙沼⑤_1205
 ↑ 気仙沼港 以前は、もっとずっとたくさんの船が停泊していたそうです

 気仙沼⑥_1205
 気仙沼⑦_1205
 ↑ 対岸中央の建物と左側の赤い鉄骨の見える建物は、壁が流されています

 気仙沼⑧_1205
 ↑ 気仙沼市魚市場の近く 船の監視塔?が 倒れたままになっていました

| 世の中のこと | 2012-05-14 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT