一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋から冬へ_1111

季節は、日々移り変わっています。


昨年の夏は、猛暑だとか酷暑だなんて言われていました。
その後、冬は冬で雪がよく降りました。

この冬はどうなりますでしょうか。


みなさまは、どんなときに冬の訪れを感じますか?


色づいた紅葉が落ちはじめると、まもなく冬?

夜、見上げた星の輝きで澄んだ大気を感じることができたら?

見上げたときの息が白くなったら?

コートや暖房器具が欠かせなくなったら?

飲みものの自動販売機に “ HOT ” の文字が登場するのは、秋ですよね。

車のタイヤを冬用のものに替えるのは、このあたりでは初冬の風物詩?


今、西舞鶴駅前の紅葉が綺麗です。

   西舞駅前_111126

| 季節のこと | 2011-11-29 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

がんばれ 女の子 (1)

☆ 注釈…タイトルの “ 女の子 ” とは、『 美容 』 ということばに反応する女性一般を指します

一部の女性のみなさまは、ご自分に照らし合わせて、何かを感じていただければと思います。
一部の女性のみなさまは、読み物としてご一読ください。
男性のみなさまは、女性 ( 一部の ) 心理を学ぶきっかけのひとつとしてご覧いただければ…。



当院の施術現場から。
20代半ばの女性のおはなし。


初回ご来院時の 『 一番つらい症状 』 は、腰痛・肩こり・頭痛。
ポッコリお腹や猫背、骨盤のゆがみ、そのほかにも気になることがあるとのことでした。

腰をほぐしながら骨盤を確認・調整し、肩・首・頭をじんわりとゆるめ、
全身に触れさせていただきました。

事務のお仕事でパソコンを使用されていらっしゃるので、肩・首が常にお疲れのご様子。
そのことが、全身の姿勢に影響を与えているような感じを受けました。


2回目は、「 首が動かない 」 とお越しになりました。


首の動きを確認すると、上下の動き、左右の動き、横へ倒す動きのいずれにも制限あり。
しかも、首のうしろ側が広範囲で痛むと。
そして、頭痛もあったそうです。

痛みが生じる前の行動をお尋ねすると、それほどの状態になるような話題は出てきません…。
寝違いでもないとのこと。

急に寒くなったので、肩・首を冷やしたり、肩をすくめる姿勢が増えたりしたことで
いつもよりお疲れになったのかな…と、いろんな状況を考えていました。


そんなときに、彼女からこんな告白が。

「 首が痛くなったその日、“ 姿勢が美しくなる ” というインナーを着ていました
  で、呼吸がしづらくなることがありました 」

着用されたのは、ごく一般に販売されている下着であるとのこと。
矯正というほどのものではなく、背筋が伸びるような軽い加工がされているもののようです。


このおはなし、今回の首の痛みや動きの制限に大いに関係がありそうなんですけど…。

だって、肩・首だけでなく、肩甲骨あたりも含めて背中も広く張っていましたし、
デコルテ (首筋から胸元) も凝っていましたし。


もしかしたら、そのインナーを着用したことによる、筋肉痛…?

もちろん、今までの姿勢によるお疲れの蓄積や、冷えやすい体質であるとか、
運動量が少ないほうであるとかも、ベースにはあると思うんですけどね。

金曜日にそのインナーを着用されて その日から痛みが発生して、
日曜日の朝の時点でも、まだ痛みがあったとのことです。


肩・首にやわらかく触れて、少しずつ左右に首を回せるようにほぐさせていただきました。

施術後、首を下に向けるのはおつらそうにされていましたが、
徐々に改善するから…とお声をかけさせていただきました。

ご来院されたときより、楽になってくださったように思っています。


「 その後、このインナーは着ていないです 」 とおっしゃいました。
今後も着られることはないと思います、たぶん。

疑わしきものを排除することは、この場合は有効だと思います。

それ以外にも、からだのためにできることを考えていただければ、うれしいんですけど…。


みなさま、美を求めるときには、ご自分のからだの声をしっかり聴いてくださいね。

  はな_111120

   がんばれ 女の子 ♪

| 美容のこと | 2011-11-27 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

海へ行ってました

先週のお休みに。


今回の海は、家から自転車で約10分。

日本海にある、若狭湾の中の舞鶴湾の西港です。


この日は、どんよりとした曇り空でした。

とっても山陰っぽい (笑)。


これから寒くなるという秋や冬に舞鶴へ越してこられた方、
特にご主人の転勤によって来舞されたとおっしゃる方とお話をしていると…。

何かしらの精神的な落ち込みがあったなんてことを、ちょこちょこうかがいます。


その理由はいくつかあるようですが、晴れの日が少ないとか、暗い日が多いということが、
ダメ押しになっているようです…。


まあ、「 冬季うつ病 」 っていうのがあるって言われていますしね。

このうつ病は、日照時間が短くなることに原因があるのでは?と考えられています。

複雑な感覚や感情をもつ人間のことですから、日照時間のみが原因であるということは
ないと思うのですが、きっかけのひとつにはなっているのかもしれません。


舞鶴には、海があります。 山もあります。 川もあります。

空気がきれいです。 水がおいしいです。 魚介類もおいしいです。

あとは、えーっと。 うーんと…。


みなさま、それぞれに魅力ある舞鶴を見つけてくださいね♪


舞鶴西港①_111110 舞鶴西港②_111110

| わたくしごと | 2011-11-20 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

しあわせってなんだっけ ♪

ひと昔前 (1986年) 、こういう歌の流れるテレビCMがありました。
2009年に商品名をかえた リメイク版が流れましたので、お若い方もご存知なのでは?


ここ数日、テレビのニュース番組のTOPで、来日されているブータン国王夫妻の動向が
よく報道されているように思います。

まあ、映像も華やかですし、ブータン王国という話題性のある国家のお話は、
明るくないニュースの多い中、番組の最初に流したいものなのかもしれません…。


ブータン王国の紹介の中で出てくることばに、『 国民総幸福量 』 というものがあります。
1972年に16歳で即位した前国王が提唱された
「 国民全体の幸福度 」 を示す “ 尺度 ” だとか。


今年の11月9日に ある大学の大学院の教授と社会人学生の方々が、
日本の47都道府県の実態と課題を、 「 幸せ度 」 のランキングとして発表されました。

この研究は、ブータン王国の 『 国民総幸福量 』 について 国際比較は報告例があるけれど、
国内ではまだ調査分析されていないということで、研究される運びとなったそうです。

教授曰く、 「このランキングは ランクづけが目的ではなく、
幸福度を高める地域づくりの方策を示したかった」 。

で、3年に1度程度でデータを更新していく予定なんだそうです。


各都道府県で何かしらの動きがなされ、データに変化が生じることを期待されていらっしゃる?
そんなこともあってか、詳細な調査結果は書籍としてすでに発行されています。

さて、どうなりますやら。


ご存じない方のために、結果のみをお伝えすると、
1位:福井県、 2位:富山県、 3位:石川県、 … 47位:大阪府

ちなみに京都府は、42位。

「 ある指標にあてはまる 社会経済の統計結果を数値化して 」 とのことですので、
都道府県民の考えや思いは、反映されていないランキングです。


また、今年の10月12日には経済協力開発機構 (OECD) が、
OECD加盟国を含む世界40ヶ国を対象に調査した、
人々の生活や幸福に関する報告書 『 How's Life? 』 を発表しました。

他方、『 地球幸福度指数 』 というものもあり、
2009年度の世界ランキングでは 143ヶ国が調査対象とされ、
国民の満足度や環境への負荷などから 「 国の幸福度 」 を計る指標とされているそうです。


はあ、そうなんですか…。


何かしらの意義やねらいがあって、こういう調査をなさっているんでしょうけどね。

何を “ しあわせ ” と感じるのかは、ひとそれぞれではないのでしょうか?

なにゆえ、比較をすることに疑問をもってしまうものを並べて、
無理やり順位づけをしなければならないのでしょうか…。


ひとつの物差しでものをはかると、個性や独自性がなくなってしまいます。
それに、順位づけをすることで、場合によってはねたみが発生します。


そんな調査に惑わされずに 独自のよさを守り続けることのできる国や都道府県のほうが、
住む人が幸せを感じることのできる場所なのではないのでしょうか?

…と、私は思います。


ちなみに、ブータン王国の 『 国民総幸福量 』 では、2年ごとに聞き取り調査を実施し、
人口67万人のうちの8,000人に ひとりあたり5時間の面談を行い、
データを集めているそうです。


「 ひとりあたり5時間の面談 」 !?
それは、こころに “ ゆとり ” と “ 信頼 ” がなければ無理なのでは?

う~ん。 ですから、幸福量という概念が国民に定着するんでしょうかね…。



 “ しあわせ ” についてのおはなし、ひとまず序章、終了。

  長文におつき合いいただき、ありがとうございました。

| こころのこと | 2011-11-19 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

“ 111111 ” でした

昨日は、2011年11月11日でした。

11月11日は、何の日かご存知でしたでしょうか?


某有名食品メーカーの、誰もが知っている棒状のお菓子の日なんですね。

そのお菓子を6本並べると “ 111111 ” に見えることから、平成11年に制定されたそうです。


その “ 1111 ” の形状や “ 十一 十一 ” に見立ててだとか、“ 11 11 ” にちなんでとかで、
11月11日は、さまざまな 『 ○○ の日 』 になっています。

今回は、そのおはなしをするつもりだったんですけどね…。


みなさまは、『 世界平和記念日 』 という日をご存知でしょうか?

私は知りませんでした。


11月11日は、『 世界平和記念日 』 でもあるそうです。

1918(大正7)年の11月11日、4年あまり続いた第1次世界大戦が停戦しました。
この記念日は、この日を忘れず、世界大戦を再び起こさないようにと設けられました。

アメリカやヨーロッパ各地では、11月11日は祝日や記念日になっているそうです。


その想いも叶わず、そののちに新たな大戦が勃発しました。

その後も、『 戦争 』、『 内戦 』、『 紛争 』 と名のつく状態は起こっています。

そして、今現在も、反政府デモや抗議活動が激化している国があります。


『 戦争 』 というものは、学校の歴史の授業で学ぶだけのものではありません。

『 戦争 』 とは呼ばれなくても、
何かしらの 『 争い 』 は世界のいたるところで起こっています…。

日本でも。


2011年の11月11日、
かすみのかかった まんまるに近い月を見上げながら、あれこれと考える機会を得ました。

| 世の中のこと | 2011-11-12 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT