一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『 やわらかさ 』 って?

当院がご提供する 『 笑顔 』 と 『 自然治癒力 』 に必要だと思っているもの。
その2 です。


私が理想としている “ 人間像 ” というと大袈裟ですが、
私は “ やわらかいひと ” になりたいと思っています。

数年前、ふとそう思うようになってしばらくのちに、
ある大人の女性向け雑誌の新春号で、
日本を代表する女優さんが 「 柔らかく生きたい 」 とおっしゃる記事を見つけました。

「 私の考えもそう間違ったものでもないかも 」 と、自己大満足 (笑)。


具体的に何がやわらかいのがいいのかというと…、

 笑顔 ( 表情 ) ・ ことば ・ 思考 ( 頭 ) ・ こころ ( 神経 ) ・ からだ
    ※ からだ … 筋肉 ・ 関節 ( 可動性 / 柔軟性 ) ・ 皮膚 ( 肌 ) ・ ツボ
             血管 ・ 内臓 ・ 顔 ( 筋肉 ) ・ 頭 ( 筋肉など )

ほかにもあるかもしれませんが、とりあえずこんな感じで。
あくまでも、私の考えです。
異論があれば、それはそれでいいと思います。


 ちゃんとした笑顔でなくても、やさしいまなざしを受けるとこころが落ち着きます。

 同じ意味のことを言われるときに、発されることばによって素直に聞けたり聞けなかったり。

 やわらかな思考で豊かな想像力をもつことで、
 ひと手間をかけたり他のひとのことを考えることができるようになって、
 毎日が生きやすくなる。

 つらいことやかなしいことが起こっても、柔軟に受け止めて、時間をかけて向き合って、
 乗り越えたり、解消したり、心に刻むことで前より強くなったり。


話が飛躍しているかもしれませんが、

『 やわらかくなる 』 ことで、
あらゆることから受ける 『 ストレス 』 をうまく受け止めることができるようになって、
他のひとに与える 『 ストレス 』 を少なくできるようになるのではないかと思っています。


はじめにお伝えしようと思っていたことと、違う方向に進んでしまいました…。


当院で、少しずつどこかが 『 やわらかくなる 』 きっかけを受けていただければと思います。



6月なので 紫陽花 ( あじさい ) の写真を掲載したかったのですが、
今のところ撮りたい被写体に会えずにいます。

先日、西舞鶴の田辺城跡の公園を通過していたときに撮った写真です。

かわりにどうぞ (笑)。

       かも_110624

| からだのこと | 2011-06-29 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

『 からだ 』 と 『 こころ (脳) 』 なんです

以前、京都府北部あたり ( 福井県・兵庫県の一部も ) で配布されている
フリーマガジンへの広告のタイトルを、

 『 からだ と こころ がよろこぶ整体院 』

とお願いしたことがあります ( 字数制限のため、漢字表記の箇所がありましたが… ) 。


何名かのみなさまにはお伝えしたことがありますが、
ほんとうは 『 からだ と 脳 がよろこぶ整体院 』 にしたかったんです。

あやしく思われそうでしたので、『 脳 』 却下 (笑) 。


施術中に 「 どうして整体士になったの? 」 とお尋ねいただくことがあります。
Webサイトやリーフレットに会社員であったことを載せていますし、
経験上デスクワークをされている方のつらさがわかるとお話することがありますので。

きちんと話すと長くなりますので、いつも一部をお伝えしています。

主要な部分をざっと述べれば以下のとおりです。もしご興味があれば。


    パソコンを2台使った業務の影響か、腰痛になる
  → 1年間症状が変わらなかったため、近所のカイロプラクティック院のお世話になる
  → 手技療法や代替医療というものを知る
  → どんな質問にも丁寧に返答くださる院長に安心感をもつ
  → からだのケアには、施術だけでなく安心できることも大事なことだと学ぶ

    同じころ、からだの不調を強く感じる知人たちの話を聞く
      ・ 職場での人間関係のストレスが原因で、頭痛やめまいが頻発し仕事を辞める
      ・ 原因のわからないからだの痛みで、日常生活さえもつらくなる
       まわりの理解が得られがたく精神的にもつらい思いをし、
       なかなか症状が緩和しない
  → こころがからだに与える影響を考えることも必要だと思う

    まわりを見渡すと、同世代の面々が下記のような不調を感じていることに気づく
      ・ いくつかの病院へ定期的に通院している
      ・ 頭痛がひどくて鎮痛剤が手放せない
      ・ 腰痛をかばいながら仕事をしている
      ・ 季節の変わり目にいつも風邪をひく  など
   
  目の前にいるこのひとのいつもの笑顔は、ほんとうの笑顔ではなかったんだ…、
  ということをとてもかなしく思いました。

  みんなにほんとうの笑顔になってほしくて、私ができることを模索しました。

  今ならできる!というタイミングに、想いを実現できるであろう整体学校を見つけ、
  整体士への道を進むことにしました。


『 からだ と こころ ( 脳 ) 』 をみることのできる、ほんとうの笑顔になっていただくことのできる
整体士として、日々みなさまから多くのことを学ばせていただいています。


ご縁のある方には、いつかお目にかかれると思っています。

| わたくしごと | 2011-06-20 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の 『 いろ 』 との過ごしかた ~ いろのこと (1)

『 いろ 』 について、以前から興味をもっています。
『 いろ 』 は人のこころに、さまざまな効果を与えます。

うまく 『 いろ 』 を取り込むことによって、人の生活は豊かになると思っています。

そんな 『 いろ 』 のはなしをしようと思います。


6月の衣替えにともない、制服が冬服から夏服になりました。
上着がなくなることで着用されている方は実質的に涼しくなりますが、
色が明るく淡くなることで、見る側も涼しく感じることができます。

夏用のスーツも、冬のものとは色彩がかわって軽く涼しげに見えます。


洋服の衣替えとともに、家の中のいろいろなものが夏仕様になります。
暖房から冷房へ、カーペットやカーテン、お布団、食器も入れ替わります。


色が人のこころに与える効果のひとつに、「 色の温度感覚 」 なるものがあります。

「 暖色 」 ・ 「 寒色 」 ということばを、耳にされたことがあると思います。
暖かみを感じる 赤・オレンジ・黄色 などは 「 暖色 」、
冷たさを感じる 青・青紫 などは 「 寒色 」 と呼ばれています。

日本のある大学の研究で、壁やカーテンなどを暖色系にした部屋と寒色系にした部屋で
からだが感じる温度を調べたところ、寒色系の部屋のほうが3度も低かったそうです。

昔の扇風機は、青や青緑といった寒色の透明の羽をつけたものが多かったです。
その風は、ひんやりということばが合うように思いました。

羽のない扇風機ではわからない感覚です…。
 ( この記事の掲載後、羽のない扇風機でリングの内側が鮮やかな青色の製品を目にしました
  これなら、ひんやりとした風を感じることができるのかもしれません… (笑) )


今年の夏は、例年以上に節電を心がける夏になります。

夏の消費電力を抑えるためには、まずはエアコンの使用量を減らすことですよね。

 ・ エアコンの設定温度を高くする
 ・ エアコンのフィルター掃除が必要な機種は、こまめにほこりをとる
 ・ 家族がひと部屋に集まり、使用するエアコンの台数を減らす
 ・ エアコンの室外機に日よけをする (ただし、吹き出し口を覆わない)
    先日、室外機に軽く水をかけるようにすると節電になるとの情報がありましたが…
 ・ 扇風機を活用して、できるかぎりエアコンばかりに頼らないようにする
 ・ 遮光カーテン、すだれ、植物のカーテン ( 朝顔・へちま・ゴーヤなど ) をつける


カーテンやのれん、洋服や寝具やタオルなどなど、「 寒色 」 のアイテムも取り入れて、
無理なく節電を楽しめる夏を、お過ごしいただきたいと思います。

| こころのこと | 2011-06-19 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

バラを見ていて思うこと

あちらこちらに写真を載せている、バラのおはなしです。


朝、いつも一番に花壇と観葉植物に水やりをしています。
厳しい冬を越したバラたちは、毎日新しい花を咲かせて楽しませてくれます。

   バラ_110610


ときに多くの花が開いて、新しい花が隠れていることがあります。
先に咲いた花は、すっかり開ききって色あせてしまっています。


若い花たちに栄養を与えたくて、色あせた花にはさみを入れています。
切ったと同時に、花びらがはらはらと落ちていきます。

そんなに頑張らなくても…。


速やかに若い花たちに任せたほうが、花として綺麗に見えるんですけどー、
というのは、私の勝手な考えでしょうか?


先に咲いた花はもう必要ありません、というわけではないんです。
もし実がなる植物でしたら、花ののちに新たな命が育まれます。

表舞台からは姿が見えなくなりますが、それも大事な役目だと思うんですけどね。
ダメなんでしょうか?


早めにはさみを入れたバラの花を、涼しげなガラスのおちょこで生けています。

| お店のこと | 2011-06-11 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

海へ行ってきました…

お休みでしたので、海へ行ってきました。


『 海 』 と聞いて、みなさんはどんな海が頭に浮かびますか?
海水浴場? 南国の海? 防波堤? 船着場 ( って言わないでしょうか… ) ?

京都市 ( 京都府民であるため “ 京都 ” ではなくこの表現を使用 ) や大阪にいたとき、
出身地を伝えると 「 海が近くていいね 」 と言われることがありました。
確かに近くではありますが、歩いてすぐってわけではないんですけど…。

ちなみに、私の家から一番近い海は、漁港です。
砂浜はありません。


今日はいいお天気でしたが、風が強い一日でした。
おかげで体感温度が低くて過ごしやすく、また運動不足が気になっていましたので、
自転車で砂浜へ行くことにしました。


わかってはいましたが、遠出になりました。
距離だけでなく、ちょっとした峠も越えました。

陽射しが強かったので、長袖長ズボンに大きなつばの帽子、そしてサングラス。
足元は、砂浜を楽しむための裸足にサンダル。

パン屋さんでおいしい昼食を購入し、1時間半後に砂浜に到着!
だったのですが…。


海水浴シーズンの砂浜は、多くの人の手がかかっている景色だったんですね。
遠くから眺めていただけですが、砂浜は流木で覆われていました。

       舞鶴砂浜_110609
       
少し視線をずらすと、ショベルカーが流木を集めています。


道中、緑の景色が素敵でした…。

舞鶴KTR_110609
  

| わたくしごと | 2011-06-09 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT