一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

姿勢矯正下着とのつき合いかた(案)

台風による雨風のあとに、冷え込みがやってきました。

天気・気圧・気温・湿度・日照などの気象(大気の現象) は、
人のからだやこころに影響を与えるストレスとなることがあります。

いつもストレスを強く感じている方やストレスに弱いと感じている方、
気圧や気温の変化に敏感な方は、できるだけ無理なく穏やかにお過ごしください。


さて、このところよくお尋ねいただくことがあります。

「 姿勢が悪いので、姿勢矯正の下着をつけたほうがいいですか? 」


最近、姿勢の矯正ができるという下着が増えました。

下着だけでなく、腰のベルトやサポーターのテレビCMや雑誌広告を
目にすることが多くなりました。

下着売り場やドラッグストアなどで、目につくところに並んでいます。


昔は、そういう商品は、とっても姿勢の良くない方やとってもからだに痛みのある方が
身につけるものというイメージがあったんですけど…。

今は、誰もが気軽に購入できるようになりました。


下着については、私は使ったことがないので ダメだと否定はしません。

ただ、いくつかお願いごとがあります。

 ・ 痛み・不快感・肌トラブルなどの不調を生じる場合はすぐに使用をやめること
 ・ 一時的な使用とすること
     あくまでも “ いい姿勢を覚えるためにサポートするもの ” ということで
 ・ 自力でいい姿勢がとれるように、くせや習慣をを見直すこと
     “ 姿勢矯正でつくられる姿勢 ” と “ いつもの姿勢 ” の違いを感じる
   

いつまでも下着に頼っていると、
からだを支える筋肉が弱くなって、その下着なしでは生活できなくなるかもしれません。

からだが固定されてしまうと、関節が動かしづらくなってからだが固くなるかもしれません。


筋肉が弱くて関節が固いからだって…。  老けますよ。


そうそう、筋肉が弱くなると冷え症やむくみがきつくなることもあります。


個人的には、家でリラックスされるときにお使いいただきたいなと思います。

ソファーに腰をかけるときや床に座るときの姿勢、
家でスマートフォンやPCに向かわれるときの姿勢って、日中の姿勢より崩れていませんか?


当院での施術後に、
「 いい姿勢で座るほうが、からだが楽ですね 」 と言っていただくことがあります。

施術前は、背中や腰が丸くなった猫背の姿勢が楽な姿勢だったんですけどね。


是非とも、ご自分のからだを姿勢矯正下着の必要がなくなるように育てて、
いい姿勢をからだが楽になる姿勢にしてください。


  応援花②_131025

| 美容のこと | 2013-10-28 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

姿勢美人になりましょう!

ずいぶんと春らしくなってきました。

春のコートを引っ張り出したと思ったら、上着がなくても過ごせる日があったりしています。


みなさま、今、薄着になる自信 ありますか?

モコモコと着こんで隠すことのできたボディーラインがお披露目される季節です。


今月初め、姿勢にくせのある方が続けてお越しくださいました。

 ・ 背中に痛みが出るほどに、猫背でいらっしゃる方
 ・ パソコン業務のときに、ついつい頬づえをつかれる方
 ・ 車を運転をするときに、いつも肘かけに肘をつかれる方 ×2


そのほかのみなさまの中にも、気になる姿勢の方がいらっしゃいます。

立っている姿勢で
 ・ 左右の肩の高さが違う           ・ 肩が内側へ入り込んでいる
 ・ ウエストのくびれが左右で違っている  ・ 腰が反り、お腹を突き出している
 ・ 左右のどちらかに重心がある       ・ 足が前後にずれている
 ・ O脚、X脚  など

いつもの座っている姿勢で
 ・ 立っているときは気にならなかったのに、座ると左右の肩の高さが違ってくる
 ・ 首が前に出る            ・ 背中が丸くなる
 ・ 腰が丸くなる             ・ 足を組む
 ・ 足を投げ出してふんぞり返る   ・ 足首をくねらす  など


よくない姿勢をとってしまうのは、筋肉のコリや関節の硬さ、背骨・骨盤のゆがみが
原因であることが多いのですが、楽だからとその姿勢を続けていると、
ゆがみが大きくなってしまうこともあります。

そして、そのまま筋肉や関節が固まってしまって、
自力で美しい姿勢をとることが困難になってしまいます…。


さらに残念なことに、よくない姿勢はお顔にも影響を与えてしまいます。

ゆがみ、むくみ、たるみ、しわ、くすみといったお顔のお悩みも、
姿勢が原因であることが多いんです。


そのほかにも、血液やリンパの流れが悪くなることで、冷えやすく むくみやすくなり、
いつのまにか何をやっても痩せないからだに…。


当院では、無理なく美しい姿勢がとれるようになっていただくためのお手伝いをしております。

姿勢が美しくなり、お顔のお悩みが改善して、痩せやすいからだが手に入ると、
今よりずっとずっとお若く見えます。


女性はもちろん男性だって、姿勢美人がいいですよ ♪


  はな_130318

| 美容のこと | 2013-03-25 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

半身浴と美容のおはなし

先日の半身浴のおはなしの続きですが、今回は 『 美容のこと 』 カテゴリにしました。


お伝えしたいことがたくさんありますが、なるべく簡潔に。


私が半身浴のデメリットとして挙げるのは、

『 半身浴は、お肌の乾燥を促進する 』 ことです。
正確には、『 長時間の入浴は、お肌の乾燥を促進する 』 。


半身浴をなさっていらっしゃる方は、
半身浴は美容にいいんじゃないの?とおっしゃると思います。


はい、美容にいいこともあります。

血液の流れをよくすることやリラクゼーションの効果を受けることは、
お肌にもとてもいいことです。

ですが、いいことばかりではないんです。

というか、きちんとわかって半身浴をなさらないと、
美容にとってマイナスな効果の方が大きくなるかもしれないんです。


まず、ごくごく簡単にお肌の表面のおはなしをします。


お肌の一番上には、角質とよばれるものがあります。

そして、その角質は、お肌から絶えず分泌されている皮脂と汗が混ざった
皮脂膜というものでおおわれています。
 (皮脂膜によって肌は弱酸性といわれている)

この膜が、本来はお肌にうるおいとなめらかさを与え、外からの刺激から守ってくれています。
 (皮脂膜は天然のクリームといわれている)


長時間の入浴は、この皮脂膜をきれいに流してしまう恐れがあります。


女性のみなさまは、毎晩の洗顔やクレンジングのあと、
すぐに化粧水や美容液をつけなければ、肌がつっぱってしまうなんてことはありませんか?


天然のクリームが流されてうるおいがなくなったお肌は、とても乾燥しやすくなります。

冬は気候的にも乾燥していますし、暖房の効いた部屋ではさらに乾燥が進みます。


長時間の半身浴で、乾燥によるお肌のつっぱりが全身に起こるかもしれません。
つっぱることがなくても、からだのあちこちがかゆくなるかもしれません。


さて、そんな入浴後のお肌の乾燥を防ぐためにできること。


まずは、汗をかくことによるからだの乾燥を防ぐため、水分を摂ること。


そして、洗顔料やボディーソープや石鹸の使用量をできるだけ減らすこと。
冬は汗をかく量が少なくなりますし、お湯につかるだけでもからだの大半の汚れは落ちます。


また、お顔やからだを洗うときに、ゴシゴシとこすらないこと。
皮脂膜がなくなるだけでなく、お肌の表面の角質を傷つけることにもなります。

お湯の中でふやけた角質はとっても傷つきやすく、
お湯から上がると…、粉をふいたりガサガサしたお肌になってしまいます。


半身浴の温度よりも熱いお湯のほうがお肌にはよくないそうですが、
ご自分のお肌をきちんと観察して、できるだけ乾燥しない入浴方法を選んでください。


入浴によるお肌の乾燥について調べていますと、『 入浴後は保湿するように 』 とあります。

保湿のために化粧水や美容液をつけるように。
からだであれば、ボディーローションを塗るように。


確かに、乾燥したお肌をうるおすためにはいいことだと思います。 一時的には。


でも、乾燥知らずのお肌になるということとは、別のおはなしです。

実際、化粧水や美容液を毎晩つけていて、乾燥しないお肌になっていらっしゃいますか?


健康なお肌であれば、入浴後何もつけなくてもつっぱることなく過ごせます。
そのまま何にもつけずに眠れます。

就寝中、天然のクリームである皮脂膜が肌をおおってくれるため、朝にはしっとりなめらか。
朝の洗顔はごくごく簡単で済みます。


そんなお肌って、いかがでしょうか?

取り戻してみたいと思われませんか?


1日2日で夜の肌ケアを何もしないことに切り替えることは難しいと思います。
時間はかかると思います。

ですが、今だけでなく5年後10年後のお肌のために考えてみる価値はあると思います。

 ※ アトピー性皮膚炎などで皮膚科にかかっていらっしゃる方は、
   ご自分で判断をなさらないようお願いします


少々飛躍してしまいましたが、
入浴方法を見つめなおすことでお肌が変われること、知っていただければうれしいです。


  長靴_130118
   ↑ 今回のおはなしには全く関係ありませんが、
      今冬大雪を想定して入手した、ひざ下ギリギリまである長々靴

| 美容のこと | 2013-02-17 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

痩せる理由はここにある?

半年ほど前からお越しくださっている、50代の女性のおはなし。


初回ご来院時、その半年前から、
一方の腰からお尻に、そして、もう一方の太ももから膝に痛みがあるとのことでした。

2回目のご来院は2ヶ月後、初回で痛みがかなり軽くなり、快適に過ごせているとのこと。

そして、その後は、 メンテナンスとして1ヶ月に1回を目安に、
30分のコースを受けていただいています。


先日のご来院時に、最近よくあるお尋ねごとを受けました。

「 整体を受けていて、痩せますか? 」

いつものように、痩せやすいからだになっていただけるとは思うけど、
ほかの要素 (食事や運動の有無) の影響の方が大きいとお伝えすると、次の告白。

「 私、痩せたんです!! 
  ずっと切れなかった値 (体重:キリのいい数字) を、やっと切ることができたんです!! 」


その方曰く、食事量は変えていないし、運動をはじめたわけでもない、
何かを新しくはじめたといえば、当院に来るようにしたことぐらい、と。


何がよかったのかな?と 彼女のからだを見ながら (たぶん無表情で) 分析をしていると、

「 私、すっごくうれしいんです!! 」

と、ツッコまれてしまいました。


いやいや、私もうれしいし、とてもよろこんでいるんですよ。

まあ、その方が2回目のご来院時に 痛みがかなり軽くなったとおっしゃったときには、
もっともっとよろこんでいましたけれど…。

そのときに比べると、よろこび方が足らなかったかもしれませんね(笑)。


具体的に何ヶ月間で何kg お痩せになったのかは聞いていませんが、
満足される結果なんでしょう、きっと。

ただ、その結果が何によって生じたのかを、ある程度把握しておきたいんです。

でなければ、また何かのきっかけで元に戻るかもしれませんし、
これからさらなる体重減をねらうための アドバイスもできません。


その日の施術で、彼女から気になることばがありました。

「 最近ストレッチをしなくなったら、また、お尻が痛くなってきました 」

深くはお尋ねしませんでしたが、痛みの緩和や予防のために、
私がお教えしていたストレッチをずっとなさっていたそうです。


そのストレッチは、

 ・ 股関節を動かして血液やリンパの流れを良くする
 ・ 腰を伸ばす・ひねる、と同時に腸にも刺激を与える
 ・ 伸ばす角度を変えると、背中もお尻もふとものの裏面・側面も伸ばすことができる
 ・ 膝の曲げ伸ばしもできる

などなど、しっかり意識をすれば、一石二鳥ならぬ五鳥にも六鳥にもなるストレッチです。


また、当院の施術を定期的に受けることで、全身の関節がやわらかくなり、
大きくからだを動かすことができるようになります。

すると、いつものようにお仕事や家事をなさっていても、以前より運動量が大きくなります。


そういったことの積み重ねが、
「 痩せる 」 という結果に結びついたのではないかと思われます。


食事量を減らすと、体重は落ちます。

食事量が元に戻れば、体重も元に戻ります。


食べたいものを食べずにガマンすることは、とてもつらくて大きなストレスです。

そのストレスは、あなたのからだやこころやお肌にダメージを与えます。

その後、体重が元に戻ることで、さらに大きなダメージを受けてしまいます。


そういったことの積み重ねが、
より痩せにくいからだとこころをつくり、からだとお肌の老化を進めていることに、
早く気づいていただきたいな~と願っています。


   はな_120711


| 美容のこと | 2012-07-13 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

痩せない理由はどこにある? (2)

このタイトルで、運動についてのおはなしをはずすわけにはいかないです…。


飲食によって摂取されたエネルギーを、いかに消費して、からだにため込まないか。

あと、見落とされがちですが、
からだに必要のない老廃物(主として汗・尿・便) を、いかにきちんと排出するか。
 ( 今回は述べませんが、これも 運動によってより良くすることができます )


『 運動 』 と聞くと、「 歩かなきゃ 」 とか 「 ジムに行かなきゃ 」 とか、
わざわざ時間を作らないとできないことのように思われるのではありませんか?

で、時間がない、面倒くさい、苦手だもん、ほかにもあれこれ…で、
「 やりたくない、だから、やらない 」 ではありませんか?


結局、その選択が “ 痩せない理由 ” ではないかと思われます。


歩きたくない方に、「 歩くように 」 というつもりはありません。

ただ、日々の生活の中で、“ より多く ” “ より大きく ” からだを動かすといいですよ♪

それだけです。


たとえば、“ より多く ” で よく耳にするのが、
 「 エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使いましょう 」 。

車を運転される方にあてはまるのは、
 「 歩ける距離へは、車ではなく 歩いて出かけましょう 」 。

応用編で私がおはなしするのが、
 「 広い駐車場では、できるだけ建物の入り口から遠いところに駐車をしましょう 」。

からだを動かすのがとっても苦手そうな方に、最終手段としてお伝えするのが、
 「 テレビのリモコンを、手の届かないところに置きましょう 」。
   ( からだをひねって取るのに適したところ が好ましい)

“ より大きく ” は、
 「 歩くときには、肩甲骨を意識して、大きく腕を振って歩きましょう 」 とか。


『 階段を使う 』、『 歩ける距離を歩く 』 時間ぐらいは、
忙しくても時間をとっていただきたいんですけど…、いかがでしょう?


先日、せめてこれくらいは…、とテレビのリモコンのおはなしをしたところ、
即 却下をなさる方がいらっしゃいました。

また、別の方からも、「 それじゃ、リモコンの意味がない 」 と。


ま、あくまでもご提案です。

小さなことからコツコツと(笑)。


『 〇〇 するだけで痩せる 』 なんて情報が、多く飛び交う世の中になって、
その情報に多くの方が興味をひかれる、そんなご時世ですから…。

わざわざからだを動かすだなんてたいへんなことは、選択できないんでしょうかね。


からだを動かすことを、面倒、苦手、とおっしゃるみなさま。

からだを動かさないから、いつまでも面倒だと思うし、苦手なまま、痩せないまま、
なんですけどね。


 からだを動かさない → 筋肉量が減る、関節が硬くなって動かしづらくなる
              → 血液やリンパの流れが悪くなる → からだが冷える
              → その状態でからだを動かすと、すぐに疲れる
                                    筋肉や関節などを痛める
              → ますますからだを動かさなくなる
              → からだの老化が進む
一方、

 からだを動かす → はじめは、すぐに疲れる
            → 関節がやわらかくなって動かしやすくなる
            → 血液やリンパの流れがよくなる
            → 疲れにくくなる、からだが軽くなったように感じる
            → からだを大きく動かすことができるようになる
            → からだを動かすことが楽しくなる
            → 筋肉量が増える、からだがあたたかくなる
            → からだが若返る
                ※ 下二行につきましては、効果に個人差があると思われます    


ということで、『 からだを動かすから疲れる 』、ではなく 『 からだを動かさないから疲れる 』
なんですよね。

       
日々の生活で疲れていらっしゃるのはわかります。

はじめは、さらにプラスして疲れてしまうかもしれませんが、
からだを動かし始めると、思っていたよりも早く、その疲れは感じにくくなります。

そして、少しずつ、日々の生活の疲れも、感じにくくなります。


また、からだを動かすことによる適度な疲労は、質のよい睡眠を招きます。

ほらほら、睡眠による痩せる効果 (参照:痩せない理由はどこにある? (1))
も一緒に得られますよー、 お得ですよー♪


わざわざからだを動かさないようにしている選択、とってももったいないんですよー♪


    はな_120630

| 美容のこと | 2012-07-07 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT