一触成笑

    ~ 私のこの手が触れますことで あなたに笑顔が戻りますように ~

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤ちゃんの性別の話をするとき

お客さまとお話をしていて教えてもらったこと。

よかったら覚えておいてください。


赤ちゃんの性別の話をその子のお母さまとするとき、

「 男の子ですか? 」

は言わないほうがいいそうです。


もし、男の子に

「女の子ですか?」

と言うことになってしまっても、
それはOKなんだそうです。


お母さまの心境としては、

「女の子に間違われるくらい、かわいいのね♪」

となり、うれしいそうです。


一方

女の子に

「男の子ですか?」

は、

「うちの子(やっぱり)かわいくないのね…」

と受け取ってしまい、落ち込んでしまうそうです。


中には気にしないという方もいましたが(てんてん調べ)。


※もちろん、男の子より女の子がかわいいということではなく、
 そういうイメージをもっている人がいるというお話です


穏やかな人間関係を築くために、
思いもしないところで人を傷つけないために、

どうか、

「女の子ですか?」

とお声をかけてあげてください。


ベストは、

「男の子、女の子、どちらですか?」

でしょうか。


ちょっとした心配りのできることばのこと、

これからもお伝えしますね。


くさ_160621 ← おじぎそう
スポンサーサイト

| ことばのこと | 2016-06-21 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。